女性の唇

ぽっちゃり風俗で遊んだ後に体調が少しでもおかしいと感じたらすぐに性病検査を!

性病っていっても沢山種類があります。エイズ、HIV、クラミジアなどは聞いたことあるかもしれませんね。今回は、以外と知らない内にそして放っておくと以外と怖いクラミジアをお話します。

専門用語って難しく理解しにくいと感じる方もいると思うので簡単にさせていただきます。まず、クラミジアは性行為により感染します。

オーラルセックスの場合は喉に感染する場合もあります。(咽喉クラミジア、といいます。)女性は症状が出にくいと言うよりも分かりにくいため、発見されにくいのです。

特に10~20代が多いですが若い方はあまり性病の検査にいく方も少ないのも発見にならない理由の一つです。症状としてはおりものが増える、性行後の出血や痛み等が起こりますが、おりものはホルモンのバランスで量も変わりますし、性行のしかたによっては痛みや出血もあるのでなかなか自覚症状とはなりにくいようです。

しかし、そのままにしておくと不妊や子宮外妊娠になったり、最悪は産道に感染していると赤ちゃんが肺炎になったり、早産や流産の可能性が高くなります。

一方男性は尿道から透明のうみがでたり、排尿の際出血や痛みが出たりします。痛み等の症状がある分男性の方が気付きやすいのです。問題はここからです。

症状があり、違和感を感じていても病院にいかない人が多いため、その病気を抱えたまま性行をし、人へと移していくのです。

一組のカップルのどちらかがクラミジアで性行を行いうつってしまう。そして、別れてまた次の恋人ができて性行をすると、またうつってしまうのです。

もし交際中にクラミジアが発覚したら相手も必ず治療を受けてください。治療法も複数あるそうですが、主流なのは1度だけでよい飲み薬です。

そして、治っているか検査に行く。早ければ2回で済むのです。恥ずかしからず、めんどくさがらず病院に行くことで他者への感染が防げます。

保健所では性病の無料検査も行っています。お金もかからないのですし、カップルで行くのもお勧めします。特に今はなんとも無くても将来子供が欲しいのにできない。

などといった事にならないようにするためにも、自分の身体を大切にしてほしいです。

Published by